銀行のカードローン

銀行の普段利用している口座経由でカードローンを契約しています。

 

このカードローンを利用して良かった点は、使う分しかお金を入れていない口座なのでたまに何百円足りないとかで引き落としがされないときがあるので、そういった分の不足分はカードローンから払うといった感じで、不足分があって引き落としできないという事がないように自動でカードローンの方に切り替えてくれることです。

 

口座に入っている分の引き落としに加えて不足分がカードローンに切り替わってしまうので、知らない間にカードローンが使われていることになってしまうので、きちんと管理をしていく必要があります。

 

金利は14パーセントくらいで、返済方法は月に1万円の返済です。1万円を口座から引き落としという返済方法ですが、この悪い点はもし1万円が口座になかった場合や1万円が不足している場合には、カードローンからの返済になってしまいます。

 

知らずにどんどんその方法で返済していくと、借り入れの金額も増えていってしまうのできちんと管理しておく事で借り入れの金額が増えることを防げると思います。

 

使い方によっては便利なカードローンだと思います。理想の使い方は、不足分でカードローンで使った分はすぐに返済していくことです。

 

千円からATMで返済可能なので少し生活費が余ったときやまとまったお金が入ったときなどに返済していき、本当に必要なときに借りていくというのが賢い使い方なのかなと思います。