電化製品が立て続けに…

今年の夏、エアコンと洗濯機と電子レンジとウォシュレットが立て続けに壊れた。
冗談かと思われるかもしれないが、本当の話である。

 

こうしたものは生活の必需品なので、家電量販店のチラシを見て安い時に・・・などと言ってはいられない。
クレジットカード片手に量販店に走りすぐさま購入。

 

TOTOに連絡して、ウォシュレットの買い替え手続きもした。全部で40万近くの臨時収入となってしまった。
カードから預金が引き落とされる形で支払った。仕方がないとはいえ痛い痛い出費であった。

 

金がない時は不用品を売る。これに尽きる。
家にあってももう使いそうにないものをまとめて中古ショップに買い取ってもらう。

 

数が多ければ、結構な額になることも少なくない。私は本やCD、DVDを売ることが多い。
もう使わないなと思うものは分類してダンボールに放り込んでおく。

 

一杯になったら引き取りに来てもらうのだ。数千〜数万円の臨時収入になるだろう。
金はないが、有価証券などはあるという場合、それらを売って金を作ることもある。これは数十万単位の金ができるので、最終手段に使える。

 

しかし、本当の最終手段は、カードローンでお金を借りる事だろう。実際に今まで究極にお金に困り、低金利のカードローンでお金を借りたことがある。出来る事なら利用したくないのが本音だが、いざという時は本当に助かる。

 

しかし一番いいのは金に困らないように日頃から気を配ることであろう。

 

ネットで副業をやって収入を増やすとか、ものを買う時には本当に必要な物かどうかよく考えて買うようにするとか、無駄遣いをしていないか家計簿をつけてチェックするなどの心がけが最も重要であろう。